ザ・コンサートホール (地下2階)

  • 空き日状況
  • 主催コンサート
  • イベントスケジュール

施設概要

特徴

シューボックス型
音楽専用ホール
残響1.8秒~1.6秒
(残響可変装置有)
壁面:大理石

舞台 間口12.5m 奥行き8.4m 高さ9m(最前部)~8m(最後部)
舞台床:桧集成材
舞台設備 巻き取り緞帳、美術バトン:2本
譜面台:4種類(モーリス・サルヴィ・ウィットナー・ヤマハ)
演奏者専用椅子:30脚、トムソン椅子(背付きピアノ椅子):8脚、
コントラバス椅子:3脚、指揮者用譜面台:2種、指揮台、平台、金屏風、緋毛氈、長座布団、上敷、めくり台 他
照明設備 主調光卓(プリセット:2段) 負荷回路数:101回路
舞台袖調光卓(プリセット:2段)
サスペンションライト:3本(仮設式)、天反ライト(埋め込み常設):500W
常設スポットライト:(CL・1kW凸、FR・1kW凸、天反切穴SUS・1kW凸)
ローホリライト(300W・4色)、カッターピン(1kW)、スタンド類 他
音響設備 音声調整卓(PA用・24ch):1台、録音用調整卓(12ch):1台
DAT、カセットデッキ、MD、CDレコーダー、コンパクトフラッシュメモリー
三点吊マイクロフォン装置:1基、二点吊マイクロフォン装置:2基
ワイヤレスマイク(800MHz帯):4波(ハンドマイク2本、ピンマイク2本)
ダイナミックマイク、コンデンサマイク 他
客席

定員395名(固定席取り外し一部可能)
身障者用車椅子スペース(2台分)
客席後方にガラス張りの親子室を設けていますので、お子様と一緒にゆっくりと音楽をお楽しみいただけます。

楽屋

楽屋大小5室の楽屋はステージと同一フロアーにあり、出演者の舞台出入りや、楽器の運搬にも便利です。
洋室:5~6人用×2室(仕切りを取って1室としてもお使いいただけます。)
    2~3人用×2室
和室:4.5畳×1室

楽器

ホール所有の楽器についてご紹介します。

スタインウェイD274 (I) 1995年購入  ドイツ・ハンブルグ工場製
スタインウェイD274 (II) 1986年購入(鍵盤:象牙)  ドイツ・ハンブルグ工場製
ヤマハCFIII 1986年購入(鍵盤:象牙)
カワイEX 1986年購入(鍵盤:象牙)
チェンバロ
チェンバロ /
ウィリアム・ダウド・パリ
1986年購入 アトリエ・フォンナーゲル社製
ヒストリカルタイプ、古典ピッチ対応可 フレンチダブルマニュアル61鍵盤
ポジティフ・オルガン
ポジティフ・オルガン
1991年購入 カール・シュッケ社(ベルリン)製
4ストップタイプ、古典ピッチ対応可

★2台のスタインウェイはどう違うのですか?・・・というご質問を多くいただきます。
同じスタインウェイでも音色、タッチなどそれぞれ違います。  また、(I)号は鍵盤がプラスティック、(II)号は象牙という違いもあります。 お好みの音色、タッチに加えて、演奏される曲目なども考えて是非弾き比べたうえで、お選びください。

リハーサル
ルーム

コンサートホールと同じフロアーにあり、練習会場のほか、楽屋としてもお使いいただけます。

本番併用 コンサートホールをご利用になる方が、練習等に使用される場合<コンサートホール受付と同時> 2,160円~6,480円
事前リハーサル コンサートホール・イベントホールで演奏会・発表会を行うため、事前に練習される場合   <3ヵ月前受付> 3,240円~14,040円
単独利用 上記以外で、音楽・舞踏等を単独に練習したり、ミニコンサートの会場として使用される場合   <3ヵ月前受付> 6,480円~20,520円

<消費税込>

館内MAP

ダウンロード

Adobe Reader は、Portable Document Format (PDF) ファイルを表示および印刷するための無償のソフトウェアです。 最新バージョンのインストールをお薦めします。Adobe Reader はこちらのリンク先より、無料ダウンロードができます。
Adobe Reader

 

ファーストリサイタルパッケージ