阪田知樹 ピアノ・リサイタル

終了しました

日時 2014年10月26日(日)  15:00
料金 【全自由席】¥2,500 学生¥1,000
出演者 阪田知樹(ピアノ)
プログラム
ショパン:ノクターン ト長調 Op.37-2
     バラード 第1番 ト短調 Op.23
     バラード 第2番 ヘ長調 Op.38
     バラード 第3番 変イ長調 Op.47
     バラード 第4番 ヘ短調 Op.52
リスト:詩的で宗教的な調べ S.173/R.14 より 第3曲 「孤独の中の神の祝福」
シューマン:謝肉祭 Op.9 

<アンコール曲>
リスト:ハンガリー狂詩曲 第11番 イ短調
フォーレ(阪田知樹編):ネル
スクリャービン:エチュード Op.8-12「悲愴」
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調「英雄」
ラフマニノフ(阪田知樹編):ここは素晴らしい所
詳細

20歳以下の若手奏者を取り上げる「U ‐20 ソリストたち」シリーズ第4弾。

1993年名古屋出身。

小さい頃から曲を作ることが好きだったとのことで、芸大でピアノを学ぶかたわら、プライベートで作曲も学んでいます。そのせいか「楽譜を見れば作曲家が何を表現したいのか、どこに一番想いを込めたのかがわかる」とのこと。

2011年リスト国際コンクールでセミファイナリストになった際、審査員の先生から「世界で一番美しいリスト」との評価をいただき、リストに一層自信を深めたと語ります。そして2013年5月のヴァン・クライバーン国際コンクールで、19歳という最年少でファイナリストとなり、一躍注目を集めました。

この度のリサイタルにあたり、メインプログラムに選んだのは、『子供の情景』や『クライスレリアーナ』と並んでシューマン初期の傑作として知られる『謝肉祭』、そして一番得意と言うリストからは『孤独の中の神の祝福』を披露してくれます。前半のショパン/バラード4曲というのもなかなか大変なプログラムですから、技巧的にはもちろん、表現力にも確かな自信が感じられます。

現在東京芸大3年生の20歳、プライベートではパウル・バドゥラ=スコダ氏に師事していて、時折訪ねるとのこと。10月からはハノーファー音楽大学に留学する予定で、今後の活躍が楽しみです。

出身地名古屋での初めてのリサイタル、気鋭の若手ピアニストの演奏をぜひお聴きください。

★ 2014年10月より放送のTVアニメ『4月は君の嘘』のモデル・アーティストにもなっています!

 

≪プロフィール≫

1993年名古屋市生まれ。5歳半よりピアノを始める。

第61回 全日本学生音楽コンクール 全国大会 中学校の部 第2位。第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 中学生部門 アジア大会 銀賞。2009アジア国際音楽コンクール 最優秀賞、及びピアノ部門 高校生の部 第1位。第4回福田靖子賞選考会 第1位 福田靖子賞受賞。第9回フランツ・リスト国際ピアノコンクール セミファイナリスト。第35回ピティナ・ピアノコンペティション 特級グランプリ、及び聴衆賞、併せて文部科学大臣賞、読売新聞社賞、王子ホール賞、東京シティ・フィル賞受賞。第14回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール 最年少入賞(4-6位)。 

タマーシュ・ヴァーシャリ氏の推薦により「プラハ・ミュージック・パフォーマンス」に参加、イヴァン・モラヴェッツ賞受賞。

ニコライ・ペトロフ氏に招かれ、第12回クレムリン音楽祭の他、ポーランド国際ピアノフェスティバル、国際音楽祭ヤング・プラハに出演。ジュネーヴ、ルガーノ、パリ、ユトレヒト、横浜、東京にてリサイタル開催。NHK-FM、FM横浜、ロシア国営テレビ、RSIスイス・イタリア語ラジオ放送局、RTSスイス・ロマンド・ラジオテレビ放送局において、演奏録音、及び、放送される。 

藤原浜雄、堀了介の両氏とピアノ三重奏を、ブレンターノ四重奏団、原田幸一郎、池田菊衛、磯村和英、毛利伯郎の各氏とピアノ五重奏を共演。矢崎彦太郎、レナード・スラットキン等の諸氏指揮の下、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、南ボヘミア室内管弦楽団、フォートワース交響楽団他と共演。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在、東京藝術大学音楽学部器楽科3年に在学。「コモ湖国際ピアノアカデミー」に於いても研鑽を積む。ピアノを西川秀人、渡辺健二、パウル・バドゥラ=スコダの各氏に師事。音楽理論、作曲を高橋千佳子、永冨正之、松本日之春の各氏に師事。2011年度ヤマハ音楽奨学生。第43回江副記念財団奨学生。横浜市在住。

2014年10月より、ハノーファ音楽大学に留学予定。

 

 

 


Ellen Appel-Mike Moreland/The Cliburn

主催コンサート一覧に戻る»

お問い合わせ

電気文化会館(052)204-1133