イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル

終了しました

日時 2015年6月26日(金)  19:00
料金 【全指定席】¥4,000  学生¥2,500
出演者 イリーナ・メジューエワ(ピアノ)
プログラム
ショパン:ポロネーズ 第1番 嬰ハ短調 op.26-1  
ショパン: ノクターン 第5番 嬰ヘ長調 op.15-2  
ショパン:ワルツ 第5番 変イ長調 op.42  
ショパン: バラード 第4番 ヘ短調 op.52
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ 
ラヴェル:ソナチネ  
ムソルグスキー:瞑想
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」

<アンコール曲>
ラフマニノフ:プレリュード op.32-12
ラヴェル:プレリュード
詳細

日本を拠点に活動する、優れたテクニックと伝統的なロシアの響きをそなえた実力派ピアニスト。数々の名録音で「レコード芸術」特選盤を重ねるメジューエワ、前半はショパンとラヴェル、 後半はムソルグスキー『展覧会の絵』でお贈りします。

ますます円熟味を増す彼女のピアノ芸術をお愉しみください。

◆ イリーナ・メジューエワ(ピアノ)

ロシア生まれ。モスクワのグネーシン特別音楽学校とグネーシン音楽大学(現ロシア音楽アカデミー)でウラジーミル・トロップ教授に師事。1992年ロッテルダム(オランダ)で開催された第4回エドゥアルド・フリプセ国際コンクールでの優勝後、オランダ、ドイツ、フランスなどで公演を行う。1997年からは日本を本拠地として活動。2002年、スタインウェイ・ジャパンによる国内コンサートツアー。2003年、サンクトペテルブルク放送交響楽団と日本国内4都市で共演。2005~06年にはザ・シンフォニーホール(大阪)で4回にわたるリサイタル・シリーズを開催。2006年からは毎年京都でリサイタルを行うなど、精力的な演奏活動を展開している。
これまでにロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団、ロシア・シンフォニーオーケストラ、高雄市交響楽団(台湾)、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、テレマン室内管弦楽団、九州交響楽団、広島交響楽団、山形交響楽団などと共演。
CD録音にも精力的で、これまでに多数のアルバムをリリース。「ショパン:ノクターン全集」は2010年度レコードアカデミー賞(器楽曲部門)に輝く。
2006年度青山音楽賞受賞。

公式ホームページhttp://www.waka-kb.com/cd/profile/irina-mejoueva

 

主催コンサート一覧に戻る»

お問い合わせ

電気文化会館 052-204-1133