寺井尚子(ジャズ・ヴァイオリン)

終了しました

日時 2016年9月8日(木)  7:00pm(6:30pm開場)
料金 【全指定席】 ¥6,000
出演者
プログラム
詳細

しなやかな感性とほとしばる情熱を併せ持つ ジャズ・ヴァイオリニスト  寺井尚子

  人気&実力No.1のジャズ・ヴァイオリニスト寺井尚子がザ・コンサートホールに登場。
 今年3月にリリースした新譜「トワイライト ~Twilight」は自身初となるセルフ・プロデュースで、発売早々に週間JAZZ売上チャート1位の話題作。

 

  前作『ホット・ジャズ』が、「リベルタンゴ」や「スペイン」といった激しく情熱的な曲が中心であったのに対し、今作ではピアソラの「ブエノスアイレスの冬」をはじめ、ドビュッシー「月の光」、マーラー「交響曲第2番“復活”」といったクラシックの名曲やガーシュインのお洒落なブルース・ナンバーなど、メロディアスで美しい楽曲が収録されています。

 ジャズ・ヴァイオリンのトッププレイヤーが魅せる新たなステージを存分にお楽しみください。

 

profile

4歳よりヴァイオリンを始め、1988年、ジャズ・ヴァイオリニストとしてプロ・デビュー。
来日中だったジャズ・ピアニスト、ケニー・バロンとの共演をきっかけに、ニューヨークでのレコーディングに参加し一躍注目を集める(1997年)。
その後も寺井尚子ならではの表現力ゆたかな演奏スタイルで人気の高いコンサートを中心に、テレビ、ラジオ、CMへの出演など、幅広く音楽活動を展開している。
最新作『トワイライト Twilight』(2016年3月23日リリース)をはじめ、年1作のペースで発表しているオリジナル・アルバムはいずれもジャズのアルバムとして異例のセールスを記録している。
また、リシャール・ガリアーノ、リー・リトナー、ボブ・ジェームス、ハービー・ハンコックなど、世界的アーティストとも国内外のステージで数多く共演を重ね、好評を博している。繊細な表現力と情熱的な演奏にますます磨きがかかる、世界を舞台に活躍するジャズ・ヴァイオリニストである。
「平成21年度 文化庁芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」(2010年)受賞。その他、ジャズ・ディスク大賞<日本ジャズ賞>(2005年)、日本ゴールドディスク大賞ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー<邦楽>(2004年)、スイングジャーナル誌ジャズメン読者人気投票<ジャズマン・オブ・ザ・イヤー>、<アルバム・オブ・ザ・イヤー>、<MISC. INSTRUMENTS(その他の楽器)>等、受賞歴多数。
 

 

     

Photo by Masamitsu Tomita

 

主催コンサート一覧に戻る»

お問い合わせ

電気文化会館(052)204-1133