丸山凪乃ピアノ・リサイタル

終了しました

日時 2017年7月26日(水)  7:00pm(開場6:30pm)
料金 【全自由席】¥2,000★  学生(U25)¥1,000★
出演者 丸山凪乃
プログラム
J. S.バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903
リスト:コンソレーション 第2番 ホ長調
メシアン:鳥のカタログ 第1巻より  第3番 「いそひよどり」 
リスト:コンソレーション 第3番 変ニ長調
****
ショパン:幻想曲 ヘ短調 op.49
ショパン:「幻想ポロネーズ」 変イ長調 op.61
リスト:コンソレーション 第6番 嬰ハ短調
シューマン:幻想曲 ハ長調 op.17

★アンコール曲
リスト:ラ・カンパネラ
詳細

2017年度≪U‐20シリーズ≫にてご紹介するのは、1999年生まれの若き天才ピアニスト「丸山凪乃」。若干12歳でパリ・コンセルヴァトワールへ入学し首席で卒業。既にヨーロッパ各地のコンサートやフェスティバルにて活躍し世界の注目を集めています。そして2015年ショパン国際ピアノコンクールにおいては世界史上最年少で本大会出場を果たしたという今最も注目の17歳です。

現在はパリ国立高等音楽院に在籍し、ジャン=マルク・ルイサダ、ロジェ・ムラロ、ミッシェル・ベロフという、世界の名だたる巨匠達に師事しています。
今回のリサイタルのテーマは『幻想』。リストの「コンソレーション」をはじめ、ショパンの「幻想曲 」と「幻想ポロネーズ」、シューマンの「幻想曲」など、夢現つの境界を超えた叙情的な風景を瑞々しく全身で紡ぎ出すプログラム。その類稀なる才能と世界で培われた圧倒的な感性で、皆様をひとときの光煌く幻想の世界へと誘います。
そして日本ではあまり演奏されないメシアン「鳥のカタログ」からも1曲。メシアンの愛弟子である師匠ロジェ・ムラロ直伝の貴重な演奏をぜひお楽しみいただきたいと思います。

 

【Profile】

現在ジャン=マルク・ルイサダ、ロジェ・ムラロ、ミシェル・ベロフ各氏に師事。これまでに、杉浦日出夫、川上昌裕、オリヴィエ・ギャルドン、ヨハン・シュミット、アレキサンダー・セメツキーの各氏に師事。

12歳でパリ・コンセルヴァトワールへ入学し、首席にて卒業。ヨーロッパ各地のコンサートやフェスティバルに招かれ出演。

ミラノ国際ピアノコンクール第1位、クロード・カーン国際ピアノコンクール第1位、大阪国際音楽コンクール・コンチェルト部門第1位、フラム国際コンクール2年連続第1位、第20回ハマのJACKコンチェルトソリストオーディション 第1位受賞。NUAマスター・オーケストラ共演、大阪グランド・ガラ・オーケストラ2度共演。パリ・ベンジャミン・オーケストラ2度共演。NHK交響楽団メンバーによるオーケストラ2度共演。

2015年ワルシャワ・ショパン国際ピアノコンクールに史上最年少出場。

2016パリ国立高等音楽院審査員全会一致により首席合格。

現在、東京音楽大学付属高等学校特別特待奨学生エクセレンス3年在籍中。

主催コンサート一覧に戻る»

お問い合わせ

電気文化会館 【中電不動産 文化事業室】 052‐204‐1133