STEP1 屋上・壁面緑化を知る

屋上・壁面緑化には、都市の環境改善効果だけでなく、建築物の保護効果や人間の心理に及ぼす効果など様々な効果があります。

屋上・壁面緑化の効果

身近な環境の改善効果
  1. 1 物理的環境改善効果 夏季の室温の上昇抑制、騒音の低減
  2. 2 生理・心理効果 豊かさ安らぎ感の向上、身近な情操・環境教育の場の創出
  3. 3 防火・断熱効果 火災延焼部防止、火災からの建築物保護
経済的な効果
  1. 1 建築物の保護効果 酸性雨や紫外線などによる防水層の劣化防止、建物の膨張・収縮による劣化の軽減
  2. 2 エネルギー効果 夏季の断熱、冬季の保温
  3. 3 宣伝・集客効果 ビルの修景、屋上集客施設等への活用
  4. 4 未利用スペースの利用 従業員等への厚生施設、地域住民への公開
社会的な効果
  1. 1 環境低負荷型の都市づくりに貢献する効果 都市気象の改善(ヒートアイランド現象の緩和、過剰乾燥の防止)、雨水流出の遅延・緩和、省エネルギーの推進(エアコンにかかる電力の低減等)、空気の浄化(CO2、NOx、SOxの吸着等)
  2. 2 自然共生型の都市づくりに貢献する効果 都市内への自然的環境の創出、都市の快適性の向上(うるおい、安らぎ感の創出)
  3. 3 資源循環型の都市づくりに貢献する効果 リサイクル資源の有効利用(パーク堆肥・クリンカアッシュ等)

ワンポイントメモ

省エネ効果データ
屋上緑化空間の温度測定(国土交通省屋上庭園にて実施) 緑化していない屋上緑化タイル表面温度は日中に60度近くに達していますが、植栽基盤下面は30度以下を保っています。
工場立地法対応可能
大規模工場の場合、規模、業種により工場立地法が適用され緑化が義務づけられています。敷地内に敷地面積の25%以上の緑地等を設けることになっております。改正により、従来は認められていなかった屋上緑化が認められるようになりました。(必要緑地面積の4分の1を限度とする)→建物・設備等の増設にあたり、敷地の買い増しを行わなくても、屋上を緑化することで、工場立地法への対応ができることになりました。

(平成16年3月31日改正)

STEP2 プランを選ぶ